日本触媒

BioJapan 2023出展のご報告

イベント

日本触媒 健康・医療事業室は、10月11日からパシフィコ横浜で開催されたBioJapanに出展してまいりました。

ブースやセミナーにお立ちより頂きました皆さま、ありがとうございました。
ご来場いただいた方も、そうでない方も、弊社では常時お問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

■ BioJapanとは?

1986年以来25回目の開催となるBioJapanは、世界で最も歴史のあるバイオテクノロジー展です。医薬・創薬をはじめ、診断・医療機器、環境・エネルギー、化成品・化粧品など、様々な分野から研究者や技術者が来場し、活発な商談やセミナーが開催されました。

開催期間中は3日間ともお天気に恵まれ、16,000名以上の来場者があり、また、海外からも多数のご参加がありました。

BioJapan / 再生医療JAPAN / healthTECH JAPAN (jcd-expo.jp)
アジア最大級のパートナリングイベント

■ 日本触媒の展示ブース

ブースでは以下の内容を紹介させていただきました。

  • 免疫原性の低いDDSポリマー
  • siRNAのDDS技術
  • オリゴ核酸原薬の受託製造
  • ペプチド原薬の受託製造

なかでも今回は、DDS(Drug Delivery System)を重点的に紹介させていただきました。

DDSは薬物を体内の特定の部位に送り届ける、特に中分子医薬には欠かせない技術です。

■ミニセミナーを開催

ブースではミニセミナーも開催しました。
初の試みで皆さまにお立ち寄りいただけるか少し不安でしたが、多くの方に聞き入っていただきました。

ミニセミナーでは、「免疫原性の低いDDSポリマー」と「siRNAのDDS技術」について、ご紹介させていただきました。

■■免疫原性の低いDDSポリマー■■

多くの方に興味を持っていただいたのは、「免疫原性の低いDDSポリマー」です。

DDSポリマーは薬剤の血中滞留性の向上などを目的に、一般的にポリエチレングリコール (PEG) がよく用いられているのですが、日本触媒ではPEG に続く新しい DDS ポリマーとして開発を進めています。

製薬メーカーの方から質問を複数いただき、関心の高さがうかがえました。

【免疫原性の低いDDSポリマーの特徴】

  1. 抗体産生を起こしにくい
  2. 複数回投与しても血中滞留性を維持できる
  3. 表面を親水化しても特定のがん細胞へは取り込まれ易い
  4. マクロファージ様細胞への取込みは回避
技術のご紹介やサンプルのご提供もしております。
是非お問い合わせください。

■■siRNAのDDS技術■■

今回ご紹介したのは、葉酸(リガンド)結合型ペプチド(以下、Fol-Dab8)です。

Fol-Dab8は、すい臓がんや、脳腫瘍、乳がんなど、葉酸受容体を高発現するがん細胞にsiRNAを届けるDDS技術です。

マウスでの実験では、すい臓組織に効率的にsiRNAを送達できること、すい臓がんの浸潤を抑制するsiRNAを送達することで、すい臓がんの増殖が抑制できることが確認されています。

Fol-Dab8技術に興味をお持ちいただける方は
是非お問い合わせください。

■ 日本触媒の出展者セミナー

出展社セミナーでは、弊社研究者である今瀬 将人が以下のテーマで発表いたしました。

日本触媒の取り組み:中分子原薬(核酸・ペプチド)の受託製造から新しいDDS技術の開発まで

ありがたいことに立ち見が出るほど多くの方にご参加いただきました。

セミナーでは、日本触媒の中分子原薬(核酸・ペプチド)の開発受託製造(CDMO)事業とそのサービス内容、そして中分子医薬では不可欠であるDDSについて紹介しました。

日本触媒の中分子原薬製造は、医薬品候補化合物の探索段階からGMP製造までをワンストップで対応することで、シームレスな中分子医薬品開発をサポートできることが特徴です。

また、中分子医薬品の開発の早さを鑑み、探索研究の後期より、製造を見据えたプロセス開発や試験法開発を提案、創薬から上市に至る道程も支援しています。

日本触媒のオリゴ核酸・ペプチド原薬の受託製造(CDMO)は図をクリック↓

DDSは、先にご紹介しました免疫原性の低いDDSポリマーや葉酸結合型カチオン性ペプチド(Fol-Dab8)に加え、第3の核酸と呼ばれるヘテロ2本鎖核酸(HDO)など、日本触媒グループの特徴的なDDS技術についてご紹介しました。

日本触媒は誠実に着実にお客様のご要望にお応えすることで評価をいただいております。新しい医薬品をいち早く患者さんにお届けするために、開発者の皆さまと並走しながらサポートいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談、ご質問は下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

次回は2024年3月に京都で開催されるTIDES ASIAに出展いたします。
皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

This site is registered on wpml.org as a development site.