日本触媒

DDS研究・創薬支援

Our Services

  • [DDS]
    Fol-Dab8
    (葉酸(リガンド)結合型カチオン性ペプチド)

    Fol-Dab8は、siRNAと混合するだけで容易に複合体を形成し、siRNA医薬を葉酸受容体発現細胞(すい臓がん、脳腫瘍、乳がん等)に送達可能な革新的なDDS技術です。 ※本技術は、東京理科大学の和田猛先生と高知大学の谷内恵介先生により共同開発された技術です。

  • [DDS]
    免疫原性の低いDDS用ポリマー

    DDS用ポリマーとして広く用いられているポリエチレングリコール(PEG)の懸念点を克服することを目標に、新しいポリマーを開発しています。このポリマーを用いたナノ粒子製剤はDDSにおける新しいソリューションを提供します。

  • HDO(ヘテロ2本鎖核酸)

    ヘテロ2本鎖核酸(HDO)は、アンチセンス鎖(DNA、Gapmer、PMOなど)と、それと相補的なキャリアー鎖(RNA鎖)との2本鎖で構成される人工機能核酸です。HDO技術は従来の核酸医薬(アンチセンス核酸、siRNA)と異なる新しい分子構造・作用機序を有する第3の核酸医薬として注目されています。アンチセンス核酸の有効性を向上することが可能です。また、特定の受容体に特異的に結合するリガンド(Ligand)をキャリアー鎖に結合することでターゲットとなる疾患部位への運搬が可能です。

     
    • レナセラピューティクス株式会社では東京医科歯科大学 横田先生、大阪大学小比賀先生の開発されたHDOを基盤技術としています
    • レナセラピューティクス株式会社は日本触媒 の子会社です
  • ボラノホスフェート核酸

    従来のホスホロチオエート核酸に代わる新しい構造のボラノホスフェート核酸の化学合成技術の開発と、実用的製法の開発を行っています。この核酸により、核酸医薬の毒性低減が期待されます。

  • ヒト型糖鎖修飾による酵素医薬品

    位置選択的にヒト型糖鎖が修飾された均一構造を有する糖鎖修飾酵素であり、適切な細胞や細胞内小器官への輸送、安定した薬理効果等が期待できます。本技術は株式会社糖鎖工学研究所との共同研究成果です。

    糖鎖構造が制御された
    糖タンパク質

This site is registered on wpml.org as a development site.